青汁を飲むことでいろいろな効果を得られています

冬は特に青野菜が不足しがちです。
スーパーに行けば、冬でもホウレン草や小松菜などの青野菜が売っていますが、コストを考えると、それほど大量に食べることができません。

 

しかし、青野菜が不足してしまうと体調も崩しやすくなるので、何か別な方法を考えなければいけないと思っていました。
そこで私が取り入れたのが青汁を飲むことでした。

 

私が青汁を飲み始めたのは約3年前からですが、それからはかなり体の調子が良くなってきたと思います。
特に最初に感じたのは血液がキレイになっていく感覚でした。

 

その後は便通が良くなり、毎日朝食後にお通じがきちんと来るようになりました。
しばらく青汁を飲み続けていると、新たな効果も出てくるようになりました。

 

それはストレスの緩和でした。
毎日いろいろなストレスがありますが、それを受けても溜め込まずに早めに解消していくことが大切です。

 

今までは運動したり、好きな趣味をやったりして解消してきたのですが、もっと手軽で即効性のあるものはないかと思っていました。
そこで、青汁を飲むことでストレスが緩和される実感があり、青汁はストレスにも効果があると思いました。

 

それ以来、今ではストレスを感じると青汁を飲むようになりました。
おかげでストレスによる体調不良になることが少なくなったように思います。

 

緑の多い自然の中にいると精神的に落ち着きますが、それと似たような作用があるのだと思っています。
青野菜を触るだけでもストレス緩和になりますが、さらに体に入れることでより効果があるのだと思います。

 

これからも青汁を飲む習慣を続けて行きたいと思っています。
春から秋にかけては青野菜を食べることも多くなりますが、青汁はそれプラスアルファの効果があるように思います。

野菜ジュースに青汁を混ぜたら飲みやすくなった!

青汁は健康に良いので飲んでみようかなと思う人も多いですが、気になるのは味です。
青汁は葉物野菜を中心に使われているので青臭さや苦みがあるから飲みづらいというイメージもあります。

 

私も青臭さや苦みを心配していた一人ですが、飲みやすいように工夫することで青汁の苦みや青臭さを減らすことが出来ました。

 

青汁を飲みやすいようにどんな工夫をしたのかと言うと、野菜ジュースと青汁を混ぜ合わせました。
野菜ジュースにも色々な種類がありますが、青汁と同じ緑系のジュースと混ぜるのが良かったです。

 

緑系の野菜を使ったジュースと青汁を組み合わせると余計に苦みや青臭さが出てしまうのではないかと心配になりますが、野菜ジュースは緑系の野菜だけでなく、りんごなどの果物が入っていたり、甘みもあるので青汁と混ぜても苦みや青臭さが強く出てしまうことはありませんでした。

 

野菜ジュースと混ぜることで青汁の苦みが減り、ジュースのように飲みやすくなるので青汁を飲んでいるというよりも、青汁入り野菜ジュースを飲んでいるという感覚で、毎日続けやすく、すっかりハマってしまいました。

 

野菜ジュースでも野菜が摂取できるのではと考える人もいますが、野菜ジュースには野菜も使われていますが、砂糖とか甘み成分を加えて飲みやすくしているものが多く、野菜を摂取しようと思ったら野菜ジュースだけでは不十分です。

 

そこで青汁を混ぜることで、野菜ジュースでは足りない栄養素を補うことが出来、青汁に水を溶かしたものだけだと飲み辛いし、臭いが気になる方でも、青汁の臭いが少なくなり、野菜ジュースがベースになっているので飲みやすくなります。

 

青汁をそのまま水や牛乳に溶かして飲むのが一般的な飲み方ですが、水に溶かしただけだと青汁独特の青臭さや苦みが残り、牛乳は苦手な方もいます。
野菜ジュースに混ぜて飲むことで、水だけよりも味が付いて飲みやすくなり、青汁の臭いや味もマイルドにしてくれるので、野菜ジュースと青汁を組み合わせると飲みやすく感じました。

ある夏のこと、異常に野菜が値上がりしたので青汁で栄養補給

何年か前のことです。夏の野菜が、天候不順でひどく値上がりして、野菜をきちんと摂れないという状況になってしまいました。
しかし出来るだけ、特に夏場は野菜を食べたいし、出来ればサラダは欠かしたくないと考えています。なので何か無いかと、ネットを検索しました。
その時に、検索結果に青汁が出たのです。

 

青汁については勿論、話にも聞いていましたしドラッグなどで商品も見ていました。しかし結構割高だなと、その時まであまり購入する気になれなかったのです。
しかし検索でヒットした青汁は、ちょうどセール中だったこともあり、野菜を購入するよりもお得かもしれない、というお値段だったのです。
なのでとりあえず、お試しという感じで購入してみました。溶かして飲む顆粒と、錠剤をそれぞれ1週間分ずつ、購入したのです。

 

届いてみて、まず普通に水に溶かす方を試してみました。思ったよりも甘みが強く、エグミは感じませんでした。
これは美味しいというのが、第一印象でした。でもこれ、ダイエット中の人には甘すぎないかな、と思ったのも事実です。
私は乳製品アレルギーがあるので、牛乳に溶かして飲むことが出来なかったのですが、牛乳に溶かした場合違う味に感じるかもしれません。
錠剤の方は、外出時に便利でしたが、やはり野菜を摂っていると言うか食べている感じがしないのが、難点でした。
単に栄養補給のサプリという感じで、食べたもしくは飲んだという満足感が得られないのです。

 

一応両方試してみた感じでは、あまり味に敏感すぎない人なら、顆粒状の溶かして飲む青汁のほうがおすすめです。飲んだ、という満足感があります。
しかしどうしても、あの青汁のエグミを感じてしまうという人には、錠剤がいいかもしれません。
手軽さと飲みやすさでは錠剤、満足感では顆粒状のものですね。

 

これ以来、野菜が高騰した時には、青汁のお世話になっています。